製品•発明者紹介

旧アナログ回路方式『復刻版 超強力磁力線発生器 試作品』が復活しました!

『復刻版 超強力磁力線発生器 試作品』

完全オーダーメイド組み立て一式品(特許第3510016号)

 

物理化学や自然科学の実験用、工業での金属磁化用専用試作機器として政木和三先生がご発明なされた初期の頃の元祖アナログ回路式機器を復活させることに成功しました!

 

令和3年3月に復活! 復刻版超強力磁力線発生器

 

画像の機器は平成10年の薬事法改定により製造販売が打ち切られた

元祖旧式アナログ回路が装着される超強力神経波磁力線発生器(Mリング)

 

 

 

元祖!本家本元!! 

神経波磁力線発生器と復刻版磁力線発生器との内部構造や動作の比較

 

 

 

提供:株式会社ケネスト

info@knestinc.jp

 

税込¥187,000,-

 

 

 

ご注意事項≫

この試作品は一般的な完成型の市販商品ではありません。

完全オーダーメイド方式のみにて
ご依頼者様個人と当方との合意・同意の上で
組み立てセット一式の試作品として特別に製作させていただきます。
そしてご依頼者様個人によって組み立てられましたこの試作機器は
政木和三先生と北野電機が平成10年まで製作していた
当時のアナログ回路方式(揺らぎの回路)超強力神経波磁力線発生器の復刻版として
ありのままに復元した内容構造の機器となっています。
しかしながら現在の日本国憲法を遵守するにあたり
この機器の内容構造は人体への使用が禁止される対象品となっています。

ゆえに全てはご依頼者様各自の自己責任において法律をご遵守の上

ご使用・ご活用いただきますようお願い致します。また

当方はご使用に関する一切の責任を負いませんので

上記の旨をご理解、ご確認いただいた上でお問い合わせくださいますよう

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

なお機器への一年間の無償保証はもちろんのこと
その後の機器修理に関しましては従来の元祖旧式機器と同様に
引き続き対応させていただきます。

 

 

 

≪復刻版 超強力磁力線発生器 試作機 の内蔵タイマーについて≫

 

旧式の神経波磁力線発生器の内部部品には最大作動時間60分設定

(通常30分に設定しています)

可能なタイマーが組み込まれていましたが(一部、後期型のMリングは除く)、

今回復活させました復刻版 磁力線発生器には

最大作動時間3時間まで設定可能なタイマーが装着されています。

(出荷時は作動時間を1時間設定にしていますが、

ユーザー様にてご自由に作動時間を最大3時間まで設定していただけます。)

 

画像は元祖 超強力神経波磁力線発生器のタイマー

(こちら赤い針が60分設定になっています)

 

画像は本家本元 超強力復刻版磁力線発生器のタイマー

(こちら赤い針が1時間設定になっています)


 

 

 

 

最後に
当方は販売等々に一切関わっていませんが
元祖旧式の超強力神経波磁力線発生器(Mリング)より改良が施され
厚生労働省より医療用機器として許認可を受けています
家庭用電気磁気治療器のバイオイーザーをお求めの方は
正規にお取り扱いの有限会社政木研究所様へ
そして元祖旧式機器のアナログ回路からデジタル回路へと改良が施され
厚生労働省より医療用機器として許認可を受けていない
家庭用健康機器のセルパワーをお求めの方は
製造販売元の株式会社セルパワー様へ
それぞれ直接にお問い合わせくださいませ

 

 

 

 

 

 

 

 

政木 和三(まさき かずみ)先生のご紹介

 

 

大正5年5月26日生まれ(平成14年8月6日、87歳にてご永眠)。

 

宿曜道:婁宿(ろうしゅく)

 

 

大阪大学に40年以上在籍。

 

その間、航空・精密・通信・土木・建築など殆どの工学科を渡り歩き、同大学医学部では神経エレクトロニクスの研究に携わると共に低周波治療器を開発。

 

元工学部工作センター長を経て、林原生物化学研究所参与。

 

工学博士。

 

太平洋戦争中は、新兵器研究のための戦時研究員となる。

 

また、『発明の神様』の異名を持ち、インスピレーションにより成し遂げた発明は、電気(エレキ)ギター、自動炊飯器(電気、ガス)、瞬間湯沸かし器、低価格カラーテレビ、自動ドア、ウソ発見器、低周波治療器、CTスキャン、魚群探知機、コンクリート厚み計、聴覚測定器、歯科治療用ドリル、バイオライト、パラメモリー(アルファシータ、バイオソニック)、神経波磁力線発生器(インパルス磁力線、Mリング)、音痴測定器(カラオケBOXの得点表記の元)・・・など980件以上にのぼる。

 

50歳を過ぎてから始めたゴルフでは、自然落下打法などを開発し、1976年度関西シニア選手権者となる。

 

72歳の時にはアマチュアとしては世界で初めてのエイジシュートを達成。

過去にホールインワン7回。

 

1974年ごろより、超科学の研究を行い、科学の力では証明できない不可思議な力の存在を確信。

 

さらにフーチパターンによる人間性測定法を発見。

 

精神世界の研究で日本の第一人者としてその生涯を全うされる。

 

 

 

2019年7月1日に他界しました昭和5年生まれのわたしの父親が小学生時代より電気のイロハを教わり、わたしに至る親子二代に渡って、ご晩年は㈲政木研究所(㈲ケント)と共に超強力 神経波磁力線発生器(改名機器:インパルス磁力線、Mリング)の製造販売事業にも携わらさせて頂き、政木先生がご他界なされる最後の最後まで大変お世話になった恩師であり、心の師匠でありました。

また、今は亡き政木先生の奥様にも、わたしの父親の同幼少時期よりわたしに至る永きに渡り、共に大変お世話になりました。

そして今現在も

政木先生と奥様はわたしの心の中で永遠に生き続けていらっしゃいます。

 

政木先生、奥様

誠に有難うございます。

m(__)m

 

これからも我が生涯をかけて

政木先生が常々ご提唱なさっておられました

『目先の欲望を捨て、世の中のため、人々のために幸福を与えよ!』のお言葉を胸に

自然の摂理に基づく真なる先生の教えを継承してゆく所存です。

 

 

 

 


 

旧式の超強力神経波磁力線発生器(Mリングを含む)の修理のご依頼は北野電機のホームページより受け賜わっています。